インプラント金属

インプラントで金属アレルギー

金属アレルギーでもインプラント

歯科治療などで金歯や銀歯など利用した場合、汗や体液、唾液などにより、金属が微量に溶け出す、そしてこれが原因でイオン化する事になります。身体の中にイオン化した物質が入る事で、同一物質が接触してしまい、拒絶反応により皮膚などに炎症が生じると言うのが金属アレルギーの特徴です。インプラントの場合は、構造体にチタンを利用している事、チタンは表面に酸化チタンの膜が形成されるので、アレルギーを引き起こす事なく治療を受ける事が出来るのです。そのため、不安に感じている人でもインプラント治療を行えば、自然に生えている歯と同等の機能を蘇らせる事が出来るようになります。

金属アレルギーの心配の少ない

インプラントは、歯が抜けた部分の歯茎にネジ状の金属を埋め込み土台にします。使われる金属は、外科手術にも使用されているチタンを使用していますので、金属アレルギーを心配される方にも安心です。手術の前には、口の中に病気はないかなどを十分にカウンセリングや検査をしますので心配はいりません。カウンセリングで金属アレルギーがある場合は、必要に応じてパッチテストなどをされることもあります。歯周病などの病気があれば、インプラントの手術をしても抜けてしまう恐れがありますので、きちんと治療し完治した後に行われます。

↑PAGE TOP

Copyright © インプラントで金属アレルギー All rights reserved