インプラントでの症状

イオンプラントのアレルギー症状

インプラントでアレルギー症状

インプラントでは、アレルギー症状の出にくいチタン製のものが主流となっています。チタンは、整形外科では人工関節や骨と骨を結合するために使われ、また、ペースメーカーとしても使われている素材です。水分と接しても溶けにくく、有害な作用が極めて少ない性質の金属です。しかし、ごく稀にチタンアレルギーの方もあります。歯科医院によっては、バッチテストや血液検査を行い、皮膚科の検査も支持するなど、安全性を確認してから手術を行うところもあります。事前に分かっていれば、医師と相談し、非金属であるジルコニア性のインプラント体を使用することも可能です。

金属アレルギーとインプラント

インプラントとは上部に義歯の付いた金属製の歯根のことで、それを顎の骨に埋め込むことで美しい外見や正しい嚙み合わせ、機能回復効果を得ることができる治療法です。金属の中でもチタンはアレルギーが起きにくいとされ、一般的にチタン製の物が多くの歯科医院で使われています。それでも、過去に金属で皮膚トラブルが起こった経験を持つ人や、まれに安全性の高いチタンでさえも反応してしまう人もいるので、不安な人は事前に歯科医に相談したり、パッチテストなどを行っている歯科を選ぶなど慎重な判断が必要です。最近では金属を使わないジルコニアインプラントを行う歯科もあります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; インプラントで金属アレルギー All rights reserved