インプラントを除去

インプラントアレルギーについて

インプラントアレルギー場合治療

インプラントは、顎の骨に埋める人工歯根と葉の代わりになる上部構造、それと人工歯根と上部構造をつなぐアバットメントからなっています。上部構造とアバットメントは、金属とジルコニアのような非金属から選べますが、人工歯根は、厚生省が認可しているのは、金属であるチタンだけです。ただ、ジルコニア性のインプラント体を歯科医の責任で個人輸入をして使っているところもあります。チタンは、心臓のペースメーカーや骨折治療用の固定ボルトにも使われアレルギーが出にくい金属ですが、ごくまれにアレルゴー症状が出る人がいます。もしも、チタンの人工歯根を使って、この症状が出たならば人工歯根は除去しない限り、この症状は消えません。

インプラントの材料がアレルギー

iインプラント(人工歯根)は、ネジ状の人工歯根を顎の骨に埋め込み、その上につなぎのアバットメントを載せ、さらに上部構造を載せて、食物をかむ力を回復させ治療法です。上部構造とアバットメントにはジルコニアなどのセラミック(非金属)から選ぶことができますが人工歯根はほとんどが、チタンと言う金属です。チタンは人工関節やペースメーカーにも使われ、アレルギーが出にくいのですが、なかには出る人もいます。唾液や汗などの体液と金属が絶えず接触すると、金属がイオン化されたんぱく質と結びつき、これが原因となってこの物質を排除しようとアレルギー反応が出る人もいます。もし、インプラント治療後にこの反応が出ると、この人工歯根を取り除かないといけませんので、事前に歯科や皮膚科で相談をしておく事が大切です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; インプラントで金属アレルギー All rights reserved